スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
かなや流 豪州戦分析と総括
2006 / 06 / 13 ( Tue )
まさに予想通りの結果でした。
そんな書き方して非国民みたいですが、正直私の頭の中に最初から勝利の文字はありませんでした。理由はmixiの日記で小出ししていましたが、

・お互いの海外組の実績、所属クラブの差
・ジーコジャパンのこれまでの戦い方
・以前紹介しましたが、超人偵察隊 http://www.choujintairiku.com/choujin/ でも書かれていたような、「少しの穴でも開いたとき」のほころびよう

などを分析すると、「良くて引き分け」が関の山と思っていましたので。なので悲観するものは何もなく、むしろ日本の等身大の実力が証明されてよかったと思います。一番悲しいのは4年前より劣化したサッカーの質ですね。


では、総括と行きましょう。

1.最初の戦術
オーストラリアはさすがに日本をよく研究していました。私もまさか3-5-2気味でオーストラリアが来るとは思っていなかったのですが、これが功を奏した。なぜなら、日本が不安視していたのは「高さによる失点」であり、ボール支配率で勝ることは絶対条件だったからです。
ですが、中盤を厚くしたオーストラリアに逆に支配されてしまい、日本は終始攻められる形をとることになる。


2.お互いの攻撃の形
日本に終始得点の匂いはありませんでした。それは、お互いの国の攻撃時の形に関わってきます。
攻めに転じた時、必ず両サイド、中央と5~6人が攻め上がっていたオーストラリア。これはフィニッシュの精度が悪かったですが、確実に日本ゴールを脅かし続けていました。形が悪かったのは後半開始~半分あたりまで位。

逆に日本は攻めに転じる時、右サイドの駒野と2トップの3人しか上がっていない形がほとんど取られ、肝心のペナルティエリア付近に全く人間がいなかった。駒野よりFWの方がラインが低いときも多く、サイドは中央の攻め上がりを待っているため、たやすくオーストラリアは守備陣系を回復できた。
↓こんな感じ。

   DF               駒野(ドコニダセバイイノダ…)
柳沢   DF高原DF(スペースガナイ…)

   中田       中村(オイツカン)
三都主(アガレネエ…) 福西(ナンデ中盤ト前線ガコンナアイテンダヨ…)

2トップの動きの悪さもありましたが、肝心の攻めの形がまったくなっていない。これが得点の匂いがしなかった原因です。

オーストラリアのカウンターを警戒しすぎていたのもあり、サントスの攻め上がりが遅かったのもチャンス不足の一因。


3.守備
ハッキリ言って両国の守備陣はよく守りました。特に川口は失点の場面までは神がかったセーブを見せ、宮本と中澤の守り方はこれまでの批判が嘘だったかのように、ポジショニング、空中戦、フォローと完璧だった。これは宮本が徹底してきたことの成果といえるでしょう。
※松田も証言「守備練習はなかった。ツネが全責任しょってやってる」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200606/at00009264.html

茂庭も1試合も試されなかったのにあの守備を披露したのには感服します。

対するオーストラリアも、高原、柳沢の動きを完全に熟知しており、柳沢には中央で仕事をさせずサイドに追いやり孤立させ、高原にはエリア内でスペースを与えなかった。ドイツ戦、ブラジル戦では相手がラインを上げてきたため裏が取れましたが、オーストラリアのDFラインは終始引き気味だったためそのスペースもなく、FWは何も仕事ができなかったといってもいい。
また、ファールを取られないラフプレーもお見事で、キーマンである俊輔は完全に削られ、1対1では何もさせてもらえなかった。

勝負を分けたのは、川口の決定的な判断ミス。直前のFKも止め、おそらく「今日の自分はいける」と判断したのでしょう。基本的にセットプレーでは川口はあまり飛び出さない、特に中澤や福西がマークについている相手なら尚更ということだったのが、あの場面ではその2人にマークされている選手に対し川口が飛び込んでしまった。あとはご存知の通りポッカリ開いたゴールにイン。数々のピンチを救った川口でしたが、一番与えてはいけない点を許したのも川口。

後の2点は守備陣の責任ではありません。オーストラリアの2人の個人技が見事すぎただけです。付け加えれば日本は「高さ」にだけ注意していたため、あれほどの足技が使えるとは誰もが度肝を抜かれたのでは。一番恐れていたビドゥカ→キーウェルの流れは一度もありませんでしたから。


4.采配
ヒディングの試合中の采配は「マジック」と言えるほどのものではありませんでしたが、確実に効果を出すカードを切っていきました。日本が慣れた頃に徐々にシステムを変えていく、というのも端から計算にあったのでしょう。交代選手の活躍はご存知の通り。

対するジーコは何から何まで丸裸でした。坪井の怪我が致命傷になると思っていたらそうはならず驚きましたが、1点先制した後の交代が流れをマンネリ化させてしまった。
ハーフタイム後日本は守備を修正し、オーストラリアのキレの悪さもありチャンスというチャンスを作らせなかった。そんな中の柳沢→小野。
柳沢交代に関しては異論はありません。何も仕事ができていませんでしたから。ただその交代した選手が「小野」だったことが、ジーコの半端な意思をグラウンドに伝染させてしまった。

あの場面で本来とるべきカードは2つ。「追加点狙い」のFW投入か、「逃げ切り狙い」の守備的選手の投入。ですから選択肢は大黒(巻・玉田)か稲本(中田浩・遠藤)ということになります。どちらを選んでも構わないし、それでグラウンドに「監督の狙い」が伝わったはず。
ですが、小野を選んだということは、
「中盤を厚くして失点をなくしたい、が、中田中村を少し上げて追加点も狙えるようにしたい」と、どっちつかずの欲張りを反映しています。もちろんW杯という一発勝負で監督が取るべきではない采配。
これでマンネリした「ある程度攻めている」状態になってしまった日本は、上の守備の欄で書いたように一瞬の緊張が切れる結果となります。


5.実力の違い
予想もしていなかった見事な個人技での打開による2失点、勝って当たり前だったはずのボール支配率の惨敗。蓋を開けてみると実力の差は完全に露呈してしまった。これが私の危惧していた、世界のトップリーグで活躍できる人間がいる国といない国の違いです。

もう一つの実力の違い、それはアジア予選の相手とのレベルの差。
ジーコジャパンの特徴として、3バックから1人DFを外してFWもしくはMFを入れる交代を経て4バックになり攻撃的にいく形がありますが、引きっぱなしでたまにカウンターで来ても1対1で何とかなるアジアレベルと違い、オーストラリアは世界レベルでした。そのため機能していた3バックは失点を恐れ終了間際まで変えられることはなく、攻撃のカードを出せなかった。


6.約束事のなさ、4年前からの劣化
4年前のサッカーは、ご存知の通り約束事は相当多かったです。そのため、世界のサッカーでは当たり前の、オーストラリアが見せたような「攻撃時、守備時の最低人数5~6人」は常に守られていました。それが選手任せの自由なサッカーを掲げたことにより、攻守の連動は最後まで一体化しなかった。守備は守備、攻撃は攻撃とバラバラのまま…。


この試合はジーコジャパンが本気の強豪国と初めて戦った試合と言える。そのため、誤魔化しは利かず世界との差は如実に出た。ジーコを擁護し続けたサッカー協会、及び川渕はこの結果を真摯に受け止め、ブランド監督ではなく日本人を熟知した監督(オシム、岡田あたり)を選んでほしいものです。劣化していくサッカーはもう観たくない。


長文へのお付き合いどうもありがとうございました。

スポンサーサイト
17:21:48 | サッカー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<かなや流 クロアチア戦評と代表の課題 | ホーム | 中国人が製作した日本人虐殺Flash>>
コメント
-->>THUNDERさん--

うれしいコメントありがとうございます☆

サッカーはかなり好きですので日々精進でアリマス☆☆

ぜひまた来てください!
by: かなやりさ * 2006/06/20 17:36 * URL [ 編集] | page top↑
--コメント返し--

>長文へのお付き合いどうもありがとうございました。

いえいえこちらこそ、かなり面白かったですよ!
またきます!
by: THUNDER * 2006/06/19 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://starking.blog45.fc2.com/tb.php/28-ed6e608e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。